コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

任意保険の加入は必要?車両保険は?

こんにちは「シャケンの品格」編集部です。車検や法定点検、日頃のメンテナンスなどにしっかりコストをかけ、人一倍「安全運転」に気を配っていても、運転している限り事故に遭遇してしまうことがあります。

 だからこそ、万が一の事故に備えるため自動車保険が存在し、皆さんも車検の時に必ず、「強制保険」と呼ばれる自賠責保険に加入しなければいけませんが、補償額には上限があるため無制限に補償してもらえるわけではありません。

 本当に任意保険は必要なの?

 冒頭でも触れたように、万全の備えをしていても事故は起きてしまうものですが、自分に全く非がない「もらい事故」のようなケースだけではなく、法律的に過失責任が重く、自分の方が「加害者」になってしまうケースもあります。

 また、クルマ対クルマの事故だけではなく、物損事故で他人の財産を傷つけてしまった場合や、歩行者・自転車と接触してしまった時を含め、事故の加害者になると被害者に対し与えた損害を責任の割合に応じて賠償しなければなりません。

 そのため、交通事故による「被害者救済」を目的とした自賠責保険へ強制的に加入する訳ですが、自賠責保険の補償範囲は「被害者のケガや死亡による損害」なので、相手方の物(自動車など)や、自分のケガや物(自動車など)の損害は補償されません。

 しかも、自賠責保険で補償されているのはあくまでも「最低限」、具体的には下表のようになっていますが、後遺障害や死亡を伴う重大事故での被害者への賠償金額が、時に1億円を超えるほど年々上昇している今、自賠責保険だけではとてもカバーしきれません。

● 自賠責保険の補償内容

ケガ    支払限度額 120万円

死亡    支払限度額 3,000万円

後遺障害  支払限度額 4,000万円

(※支払限度額は、被害者1名につき)

 その点、任意保険は相手側がケガや死亡した時の補償である「対人賠償保険」を無制限で加入しておくと賠償金額が自賠責保険の補償額を超えた分に関して無制限で補償されるので安心です。

 また、「対物賠償保険」を付けることにより相手側のクルマや物の被害に対する補償も万全になりますし、「人身傷害保険(搭乗者傷害保険)」によって、自賠責保険では全く補償されない自分側のケガなどの補償も得られます。

 もうお分かりですね?「対人・対物・人身傷害保険」がセットになっている任意保険への加入は、いつどこで事故が起きるか、起こしてしまうかわからないクルマを運転している限り、「必要不可欠だ!」と思います。

 車両保険をつけるかどうかは「ケースバイケース」

 任意保険にはもう1つ、クルマ対クルマの事故や自損事故などで、大切な愛車が傷ついた時の修理代を補償してくれる「車両保険」をセットすることもできます。

 ん?相手側の「対物賠償保険」で補償されるのでは?と思った方はなかなか鋭い、でもクルマ対クルマの事故の場合、信号待ちなどで停車中に後ろからの追突事故(いわいるオカマ事故)以外では双方に過失が分配されますので、過失割合に応じた金額で賠償額も分配されるので、修理費用の負担が必要になるケースが多くなります。

 また、車両保険は事故当時の状態まで「原状復帰」するため、必要な費用を補償する保険にすぎず、そのベースとなる「車両評価額」は、車両保険に加入した時点でのクルマの時価相当額を上限に決定されます。

 つまり、車両保険加入時に「車両評価額50万円」と設定されたクルマが事故に遭い、その修理費用として仮に100万円かかるとしても、支給される保険金は最大で50万円だということです。

 さらに、自損事故までカバーする車両保険は、それを提供している損保会社からすれば、保険金を支払うリスクが大きいため、対人・対物・人身傷害保険などの基本補償に比べ、高めの保険料が設定されています。

 そのため、

  • 車両価格が高くで安全装置等が付いている(修理代が高くなる傾向にあります)
  • 修理する場合に、まとまったお金が用意出来ない

 などといったケースでは、車両保険に加入する必要性が高いと思われます。

 反対に、

  • 事故等で修理が必要な場合は乗り換えるつもり
  • 修理すると場合に、まとまったお金を用意することができる

 などといったケースでは、車両保険に加入する必要性は低いのではないでしょうか。

 弁護士費用は特約のセットでカバーするのが◎

 自動車事故にはいろいろなパターンがあり、事故発生当時の状況により当事者同士の責任割合が決められますが、時に自分に全く非がないのに事故に遭ってしまうこともあります。

 赤信号で完全に停止しているのに、後ろから突然衝突されるようなケースがそうですね。

 こちら側に全く過失がない場合、当然相手側への損害賠償責任も発生しないため、こちら側が契約している保険会社の事故処理担当者は「法律上」相手側と示談交渉することができません。

 なぜなら、相手側に対し損害賠償責任が発生しない場合、こちら側の保険会社は「部外者」になってしまうため、事故相手と示談交渉してしまうと「弁護士法第72条(非弁活動の禁止)」に違反するからです。

 そのため、このようなケースでは当事者である自分が示談交渉するか、専門家である弁護士に示談交渉を依頼することになるのですが、素人が相手側の保険会社と交渉をうまく進めるのは難しいですし、弁護士に頼むとその費用もばかになりません。

 そんな時役立つのが、任意保険にセットできる「弁護士費用特約」です。これをつけておけば弁護士報酬や訴訟費用などが補償されるので安心です。

 また、弁護士費用特約を付けたことで上がる保険料は、保険会社によって差はありますが大体年間2,000円~3,000円程度、それほど高くないわりには安心感が大きく、必要となるケースも多岐に及ぶため、コスパ的に優秀な特約です。

 結論!任意保険加入は必要ですね

 今回、任意保険に加入するのは必須、車両保険はケースバイケース、弁護士特約のセットはおすすめだとその理由を添えてお話してきましたが、万が一のために、任意保険の加入は必要ですよ。

 コバック草津店・守山店・今津店では、任意保険の加入も可能です。詳しくは店舗スタッフにお問い合わせください。