コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

いまだになくならない「あおり運転」

コバック守山店スタッフよりお届けします。

「あおり運転」が社会問題化してからずいぶん経ちますが、未だに「あおり運転」は結構目撃しますね。

ここからは個人の偏見と勝手な思い込みでお伝えしますので、ご了承ください。

あおっていない「あおり運転」や困った運転の数々

「前方一点凝視運転」走法

通勤途中などで、よく見かける運転が「車線の右寄りを走る運転」の方。

運転している私の車のバックミラーに後続車の右のヘッドライトが全部写っている状況です。よく見かけませんか?バックミラーに運転席の方のお顔もバッチリ写りこんでる状況です。「あれーっ!前が混んでてスピードも出せないのに、あおられてるのかなー?」って思って、こちらも「車線の右より走行」をしてみると、さらにそれより「車線右寄り運転」で結局バックミラーにはその後続車の右ヘッドライトと運転している方のお顔がバッチリ写っている状況は変わりません(笑)この後続車の方は、前方が見えないと、「不安」と「恐怖」で運転できないタイプと人なんだと思います。そういう車の運転の方には近づかないのが一番なので、片側2車線道路では、違う車線に避けます。避けてからその車の方を見ると、案の定「前方一点凝視」で運転しておられます。怖い💦周りを見て運転出来ていない典型的なパターンという感じですね。

続きまして「前の車追ってください」走法

クルマ通りの少ない時間帯や道路でよく遭遇します。

クルマ通りがかなり少ない深夜に、後続車に追いつかれて後ろに付かれるのは私は嫌なので、先に行ってもらうようにしています。片側2車線道路では左側を走行して、少し減速して先に行ってもらうようにしてるのですが、同じように左車線に移ってきて減速する車に遭遇します。なんで!?それではと、加速して離れようとすると、同じように加速して付いてきます。とても怖いです(笑)

さてはへたくそな尾行ですね!?ばれてますよ(笑)

「車線変更必要以上」走法

毎朝、通勤途中で遭遇する何台かの車がこれです。右へ左へ、また右へ。落ち着きが全くない💦結局ずっと私の視界内におられるので、到着時間はさほど短縮されてないですけど・・・到着時間が早くなるより先に、タイヤが早くなくなりますけど(笑)

「ドラッグレースもどき」走法

交差点で先頭に止まって、青信号になったとたん「フル加速」アクセル全開で突っ走る方も見かけますね。

危ないのが、歩車分離信号での誤発信!?県道42号線、草津市の「川原小久保」交差点。歩車分離式なので、車用の信号は東西南北すべて赤信号になって、歩行者用の信号がすべて青信号になる例のあれです(笑)

前方交差点の交差する側が赤信号になったとたんに、前方信号機が青に変わると思い込み、アクセル全開フル加速で発進、しかし歩車分離式なので一旦クルマ側の信号は全部赤信号のままです。他のクルマが発進しない異様な状況に気づいて慌てて「フルブレーキング」ナ・ン・トみっともないことに交差点の真ん中にポツンと止まっています。信号待ちしている全員の視線を一身にあびて、地獄の数分間を噛みしめておられると思います。信号はしっかり確認してから、滑らかに加速しましょうね。

「フルブレーキング」走法

前方の歩行者用信号機がパカパカ点滅を始めると、間もなくクルマ用信号機も黄色になり赤信号に代わります。それなのにグイグイ加速していくクルマとも遭遇します。「絶対に間に合わないよっ!」と心の中で伝えてあげてますが、やはりというか当然というか赤信号に変わってしまいます。そこでフルブレーキング。こういう運転は先にも書きましたが、到着時間が大幅に早くなることはなく、ブレーキパットとタイヤの摩耗が早くなりますよ。なにより危ないです!

「ゼロ発進合流の強者?」走法

普段、道を走行していると交差点ではなく、道路が合流するところもありますよね。その合流の最先端で合流出来ずに止まってしまっているクルマもたまに見かけます。たぶん運転に自信がなく怖くて合流出来なかったんだと思いますが、止まった状態すなわち時速ゼロkmから走行している本線への合流はもっと怖いですよ。本線上を時速90kmで走行しているところに、ゼロスタートで合流するのは至難の業です。よほど高性能なエンジンを搭載しているクルマでないと、迫りくるクルマの前に入ることは怖い、まさに命がけです。運転に自信がなくても、合流するためにウインカーを出して加速すれば、優しいドライバーさんや、プロのドライバーさんは譲ってくれますから決して合流加速車線で止まらないようにお願いします。

「ウインカーは義務だから」走法

これはよくありますね!前方にクルマがないのに突然前を走るクルマのストップランプが点灯したと思ったら、その場で停止と同時に左ウインカーを出して、停止した横の店舗の駐車場にイン。ウインカーは誰のため!?曲がるときはウインカーを出しなさいという法律、義務だから?違いますよ!ウインカーは周りのクルマや自転車・歩行者に「私は左(右)に曲がりますよ」いう意思を伝える装置なので、タイミング的にハンドルを切るからウインカーを出すのではなく、事前に出しておくものなんですけどね。あーあ💦

「T字路絶対に入れてあげない」走法

まっすぐ走行していて、右の脇道に右折しようと右にウインカー出して止まっているとき、対向車線は混んでいるので少しスペースを空けてくれたらスムーズに曲がれるのに、こちらの進路を妨害するように前に詰めて曲がらせてくれないクルマって必ずいますよね。あれ!?なんでなんでしょう!?なんの得があるんでしょう!?不思議です!??????????

 

今回は、よくある変わった運転する方についてのちょっとした愚痴みたいになりましたが、多少なりとも共感していただけるんではないでしょうか。

クルマ社会がさらなる発展をするためには、運転マナーも重要ではないですかと思って書いてみました。皆さんが少しずつ気を付ければ事故も必ず減ると思います。

コバック守山店では、事故・故障の原因になりそうな要因を車検点検時にしっかりと見つけるように日々努めておりますので、是非ご来店ください。