コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

カメムシが多いと大雪降る?≒スタッドレスタイヤ?

コバック草津店受付よりお送りいたします。

日に日に秋が深まる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

未だ新型コロナウィルスの影響が残る状況ですが、少しずつ街に活気が感じられるようになってきましたね。

最近(というか毎年ですが)家のベランダやお店の掃除をしていると、カメムシをよく見かけませんか?

カメムシが多いと大雪が降る!?

昔から、「カメムシが大量発生すると大雪になる」とよく聞きますが、そもそもその根拠って何なんだろうと思いインターネットのヤホー(笑)で少し調べてみることにしました。

すると、すごくたくさん出てきました!

カメムシの豆知識です。どうぞ

ただの「カメムシ」という種類は存在しないようで、アオクサカメ、クロカメムシ、ミナミアオカメムシ、コバネヒョウタンナガカメ、クサギカメ、チャバネアオカメ、ツヤアオカメ、ナガメ、ホソヘリカメ、ホオヅキヘリカメというのが一般的に「カメムシ」と呼ばれている仲間のようです。(もっとたくさん種類がいるようですがこの辺にしておきます笑)

ネットにはやはり「秋にカメムシが大量発生すると冬は大雪になる」という言い伝えが出てきましたが青森県下北半島の言い伝えのようですね。てっきり滋賀県の言い伝えかなと思い込んでいました。なんとなく滋賀県っぽくないですか?

「秋にカメムシが大量発生すると、冬は大雪になる」という言い伝えにはどうやら根拠はちゃんとあるようで

カメムシは冬から春にかけて成虫のまま越冬する昆虫で、その為越冬する時は、

 ① 土に潜る ② 木の陰に潜む ③ 家屋などに潜む、など少しでも暖かい所に集まるそうです。

住宅が増えてきた現代においては、山などにいるより街中の家屋に潜むほうが、カメムシの越冬成功確率が上がるという事なんですね。

なので、気温が低くて越冬が難しいことを、本能で理解しているカメムシが街中に押し寄せるため、大量発生というか、大量集合?みたいな事が起こるというのが、言い伝えの根底にあるようです。

そんなことがわかるなんて昔の方は自然と共存し、生活していたんだなあと感心します。

カメムシは卵から幼虫が出てくるのですが、成虫とほぼ同じ形でさなぎにならずに成虫になるようで、専門用語で「不完全変態」っていうんですって!きもちわるい笑

カメムシ嫌い。あの匂いは何?

カメムシが嫌われる原因は何といってもあの臭い!ですよね。こちらもせっかくなので調べてみました!

もちろんインターネットのヤホーで(笑)

以下みんな大好きWikipediaより抜粋

「カメムシは、胸部第三節である後胸の、腹面にある臭腺から悪臭を伴う分泌液を飛散させる。この液にはアルデヒドエステル酢酸炭化水素が含まれ、臭いの主成分はヘキサナールトランス-2-ヘキセナールである。敵の攻撃など、外部からの刺激を受けると分泌され、捕食者に対しての防御であると考えられている。

群れでいるカメムシの場合、1匹が臭いを発すると、たちまちのうちに周辺一帯のカメムシが逃げ出す現象が見られる。高濃度のカメムシの臭いは、仲間に対しては警報の役割を果たしている。一方で、群れを作るカメムシの場合は、低濃度の臭いを集合フェロモンとして利用することが知られている。

カメムシの分泌液は、彼ら自身にとっても化学的に有害である。このため、カメムシの体表は、飛散させた液が自分の体に浸み込まないように厚いセメント層で保護されている。また、瓶の中にカメムシを入れ、つついて臭いを出させた後で蓋を閉めておくと失神、蓋を開ければ元気になるが放置すると死んでしまうことがある。

カメムシの分泌液は求愛にも利用される。

カメムシ学者の中には、臭いでカメムシの種類をかぎ分ける者もいる。

キバラヘリカメムシは、青リンゴのような匂いを放つ。」

なんていうことでしょう!

自分の臭いで失神してしまい、放置すると死んでしまうなんて!それって進化する方向間違ってない??

体表にセメント層で保護している場合じゃなくて、自分の毒が利かない体質が先じゃないの?

それとなにより脱力感しか生まれないあの臭いが求愛に使われているだなんて!

あの臭いで求愛されたら違う意味で失神しちゃいます😅

でも青リンゴのような匂いの種類もいるんですね…

ああ、カメムシの世界は謎だらけです…

サシガメ類は肉食なので、益虫として扱われることもあるが、人間が不用意に触ると刺すことがあり、刺されると大変な痛みを伴う。時に痛みはスズメバチ以上になるとも言われている。多くは野外の草の間や地面に生息しているが、一部は室内に侵入する場合があり、その機会に刺される場合がある。吸血性の種は衛生害虫であり、シャーガス病を媒介する。」

刺すタイプのカメムシもいるようで、なんと痛みはスズメバチ以上!シャーガス病ってなにそれこわい!

もはや臭いだけではアリマセンのでご注意を。

というわけで冬準備はお早めに!

そんなカメムシも発生している今はもう11月。中旬ごろになるとすっかり冬の気配になります。

本格的な冬に突入して本当に雪が降ってもおかしくない時期に突入します。

そろそろ冬に備えて、スタッドレスタイヤへの交換はいかがですか?混みあってしまうとご希望の日時に作業が承れなくなってしまうこともございます💦

お早めの交換をお勧めいたします。お気軽にお問い合わせ下さいませ!

ご予約お待ちしております。