コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

ハイブリッド車について、ちょっと真面目に。

こんにちは!車検のコバック草津店です。

いつもの軽い感じよりすこーしだけ整備士らしくウンチクなどをお話ししたいと思います。

ハイブリッド車は3種類あるんです!

ハイブリッド車には大きくわけて

シリーズ・パラレル方式(エンジンとモーターを使い分ける)

シリーズ方式(エンジンはあくまでも発電用、車を動かすのはモーターのみ)

パラレル方式(エンジン主体でモーターがサポート)

3種類の方式があります。

トヨタのハイブリッド車はこの方式!

現在ハイブリッド車(HV車)は各メーカーから発売されています。トヨタはハイブリッド車の先駆けですから、もはや知らない方はおられないと思いますが、プリウス、アクアを筆頭にファミリーカーやレクサスなどの高級車にも多数採用されています。トヨタのハイブリッドシステムはシリーズ・パラレル方式(エンジンとモーターを使い分ける方式)を採用しています。エンジンで動いている感覚とモーターで走行している感覚が両方あるので、初めて運転するとモーター駆動の時に少し不思議な感じがするかもしれません。

日産のハイブリッド車はこの方式!

それから日産もハイブリッド車がたくさんラインナップされてきました。ノート、セレナ、エクストレイルなど。トヨタと違うのはシリーズ方式(エンジンはあくまでも発電用、車を動かすのはモーターのみ)e-powerと表記されている車種はこちらの方式です。基本的にモーターで動きますので、乗っている感じは電気自動車の感覚です。発電のためにエンジンは自動的に掛かりますが、アクセルとエンジン回転が連動していないのは普通のガソリンエンジンに慣れているとちょっと違和感を持つかもしれません。

ホンダのハイブリッド車はこの方式!

ホンダもハイブリッド車のラインナップが多くなってきました。インサイトに始まり、フィット、ヴェゼル、ステップワゴン、フリード…ほぼすべての車種にHVの設定があります。こちらのHVシステムはパラレル方式(エンジンが主体でモーターがサポートする)です。エンジンが主体ですから、基本的な乗り味はガソリン車とさほど変わりません。

ただ新しい車種は低速時にエンジンを停止しモーターのみで走行することも出来るシステムもついているようですので、シリーズ・パラレル方式に近い感覚です。

ハイブリッド車のブレーキシステムも特殊!

そして、ハイブリッド車にてとても重要なポイントとなるのが、回生ブレーキです。

回生ブレーキ…聞きなれない言葉ですね。

簡単に説明しますと回転力を発電力に変換して電気を溜める、ということから、回生ブレーキという言い方をしますが、いま一つピンときませんね。

ピンときませんがここがすごく重要なポイントなんです。すごい技術が隠されているんです。ほんと日本の企業はすごいんです。

ブレーキ(メカニカルブレーキ)を踏むとブレーキパッドという摩擦材が円盤状のものをはさみこんで回転を止めていく、少し難しくいうと、回転エネルギーを熱エネルギーに変換して車を止めるのですが、この回生ブレーキ実はこのメカニカルブレーキの機構はほとんど動いていません。厳密に言いますとブレーキペダルの踏み込み量に対して自動的に回生ブレーキとメカニカルブレーキを併用しているという感じですね。

 

ちょっと難しいですね…💧

 

でもここにメーカーごとの大きな違いがあるんです。

トヨタ車はブレーキの踏み加減に応じて、発電力を変化させているので、運転していても全くと言っていいほど違和感はありません。

日産車はブレーキの踏み加減に応じておらず、基本的にいつも発電力はMAXです。「アクセル離すとすぐブレーキ」なんていうキャッチコピーがCMで流れていたのもご存じかと思いますが、実は回生ブレーキがいつでも最大に効いている(発電力を上げている)ということだったんですね。

ホンダ車も日産車とブレーキの構造は基本的に同じです。両社とも回生ブレーキの効き方はボタン操作にて調整できるようですが、トヨタ車のように、技術力にて運転者に違和感を感じさせないのは素晴らしいと思います。この技術に関してトヨタのシステムは他社よりも1歩も2歩も抜きんでていると思います。

しかもこのHV技術は誰でも使えるように開示しているといいますから、凄いことです!

余談ですが、スマホで情報を読み取ったりするQRコードはトヨタの電装部が分離独立したDENSOという会社の特許ですが、この会社も無償提供しています。いまやQRコードは日常生活や仕事や決済など欠かせないものとなっています。本当にすごい!

本当に高度な技術は使用する時に操作する人の技術がいらないことだと誰かが言っていた気がしますが、そのとおりだと思います(^^)

ミラーサイクルエンジン!???

ハイブリッド車は燃費をよくするためにモーターで駆動する訳ですが、そもそも燃費が悪いエンジンでは話にならない訳です。

そこでハイブリッド車によく採用されているのが、ミラーサイクルエンジンです。

また難しい名前が出てきましたね。

またすこーしだけウンチクを。

ごく簡単に説明しますと、エンジンは混合気(霧状のガソリンと空気を混ぜたもの)を圧縮したところに火花を飛ばして燃焼させて動力を得ますが、この圧縮するための力がいるので、せっかくのパワーがそこに使われてしまいます。なので、出来るだけ圧縮を抑えるような特殊な制御をしているのがミラーサイクルなんです。

本当は圧縮を高くすると爆発力が上がりパワーが増すのですが、それをあえて下げて、燃費をかせぐ方向にしているんですね。

圧縮を下げると燃費には貢献しますが、パワーは下がってしまうのですが、そこはハイブリッド車の強みである強力なモーター(モーターは電気を流した時点でマックストルク(最大回転力)なので、エンジンでは考えられないパワーがでます)が付いているので、非力なエンジンを補っているという事なんですね。

その他にも排気ガスを再度エンジンに吸入させることで、ポンピングロス低減をはかったり、(また難しい名前が出てきましたが、ここはサラッと流しておきます笑)色々な技術で燃費を向上させる工夫をしているんです。

日本の技術力って本当にすごい!なんて思います。

 

今回は自動車について少し深堀してお話をさせていただきました。

コバック店ではハード面ソフト面を強化しています!

こういったハイブリッド車などの新しい技術に対しては、対応した機材がある事、メカニックの知識、この2つがこれからの整備工場には欠かせないものとなります。

最新の車にもしっかり対応できるように、ハード面ソフト面両面を整えておりますので、安心してご利用くださいませ!皆様のご来店を心よりお待ちしております!

🄬