コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

本当はハイビームで走行しないといけないんです!

こんにちは「シャケンの品格」編集部です。

今回のブログタイトルを見て「え!嘘?」と思った方はおそらくベテランドライバーさん。

2017年3月、改正道路交通法が施行されたことをきっかけにして、突如警察が「対向車がいる時だけロービーム、それ以外は常にハイビームが正解だ!」なんてことを言い出したからさあ大変。

私を含め多くのベテランドライバーは、ハイビームは他のドライバーの目を眩ませてしまう恐れがあるため、「必要な時以外はできるだけ使わないように。」と、自動車教習所などで習ったのに、真反対のことが言われて戸惑っている方もおられるはずです。

そこで今回は、ハイビーム&ロービームの役割と法律的な立ち位置、さらにドライバーが守るべき「運転マナー」との関係性についてお話ししたいと思います。

ハイビーム&ロービームの役割と本来の使い方

夜の運転に欠かせないヘッドライトには、夜間に前方100mまで照らしてくれるハイビーム(正式名称:走行用前照灯)と、前方40mまで照らすロービーム(正式名称:すれ違い用前照灯)という2つの機能が備わっています。

それぞれの「正式名称」を見ればわかる通り、夜間に広い視界を保つことができ、歩行者や障害物などの発見が早くなるハイビームが「走行用」、対向車や前方を走るクルマがいるとき限定で使う「すれ違い用」がロービームです。

ただ皆さん、夜マイカーを走らせている時、対向車やすぐ後ろを走っているクルマがハイビームのままで「まぶしい!危ないじゃないか!」と思った経験をお持ちではないですか?正直言って私は何回もあります。

だからこそ、基本はロービームで運転し「ちょっと見えにくいな」と感じた時だけ、近くにクルマがいないか気にしながらハイビームを使うのが、「ドライバーが守るべきマナー」だと思っている方も多いはずです。

ヘッドライトの使い方を間違えると違反になる?

しかし、現実に私たちが長い間「正しい」と思っていた運転マナーとはちょっとズレてると感じますが、法律的には「夜間を通行するとき歩行者や対向車がいるか、他のクルマの後ろを走る時『以外』は、ハイビームを付けなければならない。」という決まりになっているのです。

その一方で、対向車や先行車が近くにいる場合、遠くまで照らせるハイビームの光によって、ドライバーの視界が邪魔される可能性があるため、ロービームに切り替えるべきだともされています。

つまり、歩行者や対向車などがいないのにロービームのまま、またはそれらが近くにいるのにハイビームで走っていた場合は「交通違反」となり、違反点数1点の減点と反則金6000円(普通車)が課せられる可能性があります。

なんでも、対向車などがいない道でのロービーム走行は「無灯火」、反対に対向車などがいる時のハイビーム走行は「減光等義務違反」にあたるらしい…、ちょっと無理矢理な気もしますが、法律で決まっていることなので仕方ありません。

要するに、夜間は基本「ハイビーム」をつけて走行し、歩行者や対向車などがいる時「だけ」ロービームに切り替えておかないと、違反切符を切られてしまう可能性があるということですね。

都市圏ではハイビームの違反に関する取り締まりをしていないことも

ただ、ややこしいのはまだここから、基本はハイビームをつけるようにと言いましたが、高速道路のトンネルや街灯が整備されている道路など、夜間でも明るくてある程度視界が確保されている場合は、ロービームで走っていても「OK」なのだそうです。

事実、東京都を管轄している警視庁によると、「都内の道路は夜間でも明るく、ハイビームは対向車の走行の邪魔になるため、この件に関する違反行為の取り締まりは行っていません。」とのこと。

おそらく、各都道府県の「都市圏」と呼ばれる地域はどこも似たような道路環境なので、ロービーム走行をしていても取り締まられることはない…とは思うけど、基準が「コレ」といってなく「曖昧」なので困ったもの。

結局のところ、街中は基本ロービームでも「たぶん大丈夫」、というよりむしろハイビームのまま走っていると「減光等義務違反」の方で検挙される可能性が高いので、そちらを気を付けるべきです。

反対に、郊外や山間部を夜間走る時はハイビームを基本にし、状況に応じて「自己判断で」ロービームと使い分ける必要がある、という感じになるでしょうか…、なんだか歯切れが悪くて申し訳ありませんm(__)m

オートハイビーム装着車もあります

今回の話をまとめると、「状況に応じてハイビームとロービームをこまめに使い分けるしかない!」って感じになりますが、それが面倒だという場合は「オートハイビーム」と呼ばれる、自動切り替え機能が搭載されているクルマを選ぶのも一つの方法です。

ひと昔前までは高級車にしか装備されていませんでしたが、最近では軽自動車などにもよく標準装備されているので、これらをチョイスすればヘッドライトに切り替えに煩わされることなく、「うっかり違反してしまった。」という心配もずいぶん減ると思いますよ。

ヘッドライトの球切れは危ない

ヘッドライトの球が片方切れた場合は、早急に修理してくださいね。片方球切れで走行していても運転していると意外と気づかないものです。もう片方球切れすると真っ暗です。

車検のコバック草津店・車検のコバック守山店・車検のコバック今津店では、車検だけでなく各種球切れ修理もおこなっておりますので、お気軽にどうぞ!