コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

内気循環・外気導入の使い分けはどうする?

こんにちは「シャケンの品格」編集部です。皆さんは車のエアコンを上手に使いこなせていますか?「バッチリだよ!」という方に質問、オートエアコンの内気循環・外気導入って何がどう違うでしょうか。

 「うう…、やっぱりわからない。」という方は必見、今回はうまくやるとエアコンの効率だけではなく、燃費性能の向上すら期待できる「内気循環・外気導入の使い分け方」について、お話ししたいと思います。

「内気循環」とは?いつもはコッチという方が多いはず

 エアコンの外気循環とはその名前が表している通り、クルマの「内部」の「空気」を「循環」させているという意味で、簡単なクルマのイラストの中に、空気の流れを示す矢印がグルっと循環している形で描かれています。

 レバーやスイッチ、モード変更ボタンなどで切り替え出来ますが、フツーにエアコンを使っている場合はこの「内気循環モード」にしている、という方がほとんどのはずです。

 なぜなら、内気循環にしているとエアコンでいったん冷やされた空気(もしくは暖められた空気)をもう一度エアコン内に取り込み、さらに冷やして(暖めて)吹き出し口から出すわけですから、エアコンの「効き」が数段よくなるからです。

 つまり、真夏で車内がとても暑いから急いで冷やしたい時や、反対に真冬で一刻も早く車内をぽかぽかにしたいなんて時は、エアコンの効率を上げる「内気循環」にしておくのが正解、という訳です。

 そのため、年式や車種によって変わりますが、オートエアコンの場合スイッチをONにした瞬間、デフォルトで「内気循環モード」になるよう設定されていることがほとんどです。

 また、「内気循環」にしていると外気が車内に入るのをある程度遮断してくれるため、例えばトンネル内のように排気ガスが充満しているところを走る時に使えば、汚れている空気が車内に入りにくくなるので快適に過ごせます。

 「外気導入」とは?え?使ったことない?!

 一方、こちらもそのまんまですが「外気導入」とは、遮断していたクルマの通気口を開放し、外気を車内に取り込むモードのことで、夏の暑い空気や冬の冷たい空気がそのまま入ってくるので、エアコンの効きは内気循環より悪くなります。

 そのせいか、さっき言ったように今のクルマに採用されているオートエアコンを使った時、デフォルトは「内気循環モード」になっていることが多いため、わざわざスイッチを押すなどして切り替えない限り、「外気循環モード」になることはありません。

 そりゃそうです、外気導入にしているとせっかく車内が冷えてきたのに、真夏の熱風をドンドン送り込んじゃう訳ですからねぇ、正直言って「なんでこんな機能が付いているんや?」と疑問に感じている方もいることでしょう。

 ただ、湿度が高い日に内気循環でエアコンを長時間使っているとエアコンの除湿機能の限界を超えガラスというガラスが曇ってしまうことがあります。さらにエアコンスイッチをONにしないで暖房を使用している雨降りの日の内気循環はガラスが曇りやすく危険です。

そこで外気導入にすると外気が取り込まれるのと同時に、密閉された車内を充満している湿気を大量に含んだ「人間の呼気」も外へと排出されます。外気はワイパー取付け部付近から入ってきて、リヤバンパー付近から外に排出されています。

 この「換気性能」こそが外気導入モードの真骨頂、このところのコロナ禍で「密空間での換気」の必要性がメディアなどで声高に叫ばれていますが、内気循環にしているクルマの中なんて「密空間」そのもの。

 感染予防のため、定期的に窓を開けて換気しているという方も多いでしょうが、窓を開けなくてもエアコンの外気導入を利用すれば、効率よく車内を換気できるってことを知っていましたか?

車内を効率よく換気

 「富岳」というスーパーコンピューターを使った実験結果によると、3人乗ったクルマで時速40kmで走行中、エアコンを通常レベル・外気導入モードにして窓を閉めきった時、1時間で約40回も車内の空気を入れ替えることができたのだそう。

 つまり、窓を締め切っていても、外気導入モードを使えば「約1分半」で車内の空気をリフレッシュできるってこと、窓を開けるのと違って雨や雪が降っていても、気にすることなく換気できるのもメリットです。

 外気にもウィルスはもちろん、排気ガスに含まれる細かい粒子や花粉なども交じってるやん!という方もご心配なく、クルマには外気に含まれる不純物を取り除いてくれる、「エアフィルター」というパーツが付いています。

 ただ、このエアフィルターは「消耗品」で、使い続けていると目詰まりを起こし、不純物を除去する能力が半減するので、1年に1度は新品に交換するようにしましょう。

 内気循環と外気導入の使い分けを

 これまで内気循環に比べ、イマイチ使用頻度が低かった外気導入ですが、新型コロナ感染拡大を防ぐ効果的な換気方法として、情報番組やニュースなどで頻繁に取り上げられるほど、一気に注目度が上がっています。

 内気循環での適切な気温コントロールと、外気導入によるマメな換気を上手に使い分け、同時に手洗い・うがい・消毒などといった「コロナ対策」を万全にしたうえで、ドライブを楽しむようにしましょうね。

 車検のコバック草津店・車検のコバック守山店・車検のコバック今津店では、車検時にエアコンフィルターについても点検しております。エアコンフィルターが付いていること自体知らない方もおられますので、取り外してお客様に汚れ具合を確認していただいております。内気循環が多い方は服などの綿埃で目詰まりしており、外気導入が多い方は、虫や花粉等で目詰まりしております。エアコンフィルターの点検だけでもお気軽にお申し付けください。