コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

オイル交換って本当に必要なの!?役割は5つ!

こんにちは。今回は守山店スタッフからお届けいたします!

 

皆さん、いつエンジンオイル交換しましたか?

覚えていない方が大半だと思います。この機会に一度ご確認くださいね。運転席のドアを開けると交換時期目安のステッカーが貼ってあると思いますので・・・

さて、「エンジンオイル交換って本当に必要なの!?」と思っている方もおられると思います。結論から言うと「必要です!!」エンジンオイル交換が必要な理由をちょっとまじめに説明しますね👆

 

エンジンオイルには5つの役割があります 

①潤滑 ②密封 ③防錆 ④冷却 ⑤洗浄 の5つです。

①の潤滑。これは大半の方が理解しておられる『エンジンをスムーズに動かせるようにする役割』です。

ほとんど、このためにオイル交換をする必要があると思っておられることでしょう。

②の密封。これはなかなか理解しにくい役割です。シリンダーとピストン(エンジン内部の部品です)の間のわずかな隙間を埋めて密封率を上げてパワーロスを防いでいます。機械は物理的に隙間がないと動けません!出来る限り小さな隙間でスムーズに動くように設計してあり、その最後のスムーズに動くための隙間を液体のエンジンオイルに埋めてもらうことで密封するという役割です。

③の防錆。これは皆さまご存じのようにオイルで鉄が錆びつくことを防いでいます

④の冷却。エンジンはガソリン(軽油)燃料に着火・爆発させて動力を生み出しています。かなりの高温になるので、エンジンは冷却水により冷やされていますが、冷却水は『水』ですのでエンジン内に直接入れることができません。エンジンの内部に作られた水路を通って冷却しています。しかしエンジンオイルはエンジン内に直接入っているので、高温になったエンジン部品から熱を奪って冷やす役割をしています。

⑤の洗浄。エンジン内部では常に燃料の爆発・燃焼が繰り返されています。爆発燃焼には必ず『スス』が発生します。その『スス』をからめ取ってエンジンオイルの中に封じ込めています。また多少なりとも金属同士が擦れ合うことによる摩耗紛も発生するので、それもエンジンオイルの中に閉じ込めてオイルフィルターでろ過する構造になっています。

 

エンジンオイルの交換をしないとどうなる!?

エンジンオイルには、先ほどの5つの重要な役割の中で一番重要なのは潤滑。エンジンがスムーズに動かなくなってしまします。潤滑不足!これはかなり重症です。潤滑不足の身近な例は、「部屋のドア」です。油が切れていると、ドアを開けるたびに「キーキー」「ギーギー」と音が鳴ります。それと同じ状態がエンジン内で起こってしまいます。エンジンは力があるので多少の潤滑不足でも動きます。そこが逆に厄介なのです。人間のように力加減を知らないので、潤滑不足でエンジンが動きにくい状況でも平気でエンジン内では爆発燃焼を繰り返し、強制的に動かしてしまいます。そうなると金属部品の摩耗が起こりエンジン内部の部品に深刻なダメージが発生して、最終的にはエンジンが止まってしまいます!

 

オイル交換の目安は?

オイル交換の目安は、ズバリ5,000km毎または6ヶ月毎のどちらか早いほうで推奨しております。

高級なオイルでないとエンジンが壊れる?なんてことはありません。国内で流通しているエンジンオイルはほとんどがしっかりとした規格に準じたオイルですので心配いりませんよ(^^

 

シビアコンディション(車の過酷な使用状態)の場合は特にエンジンオイルに気を付けて

自動車のシビアコンディションとは、過走行→1年に2万キロ以上走行する車、アップダウンの激しい道路の走行が多い車、短距離運転の繰り返し走行、アイドリング時間が長いなどがあります。この場合はエンジンに過度な負担がかかっているのでエンジンオイルは早い目の交換をお勧めしますね(^^

 

オイルの粘度はどれにすればいいの!?

エンジンオイルには「粘度指数」という、簡単に言うとオイルの硬さを数値化したものがあります。例えば『5W-30』この数字の意味はまず『W』これはWINTER(冬)の略です。『W』の前の数字『5』は低温時の粘度。右側の数字『30』は高温時の粘度指数です。数字は小さいほど粘度が低くやわらかいオイルで数字が大きいほど粘度が高く固いオイルとなります。

低粘度のオイルはサラサラで低温始動性がよく、潤滑抵抗が少ないので燃費向上に貢献します。デメリットは、エンジン保護性能は高粘度オイルより弱いことです。

高粘度のオイルはネバネバで高温化でもエンジンをしっかり保護し、静粛性能に優れています。デメリットは、燃費性能は低粘度オイルに比べて劣ります。

近年の車は、機械加工精度が良くなりで耐摩耗性能が向上し、また燃費性能重視での設計から、低燃費オイル(0W-20など)推奨の車がほとんどです。

 

エンジンオイル交換はメンテナンスの中でも重要な項目のひとつです。

コバック草津店・守山店・今津店公式アプリでは、マンスリークーポンでオイル交換クーポンを配信しています。お値段はなんと10W-30のオイルなら1台分1,100円5W-30なら1台分1,650円0W-20なら1台分2,200円です!

お得なクーポンが毎月配信されるアプリをインストールしていただきますとお得にオイル交換ができますので、是非とも当店をご利用ください(^^

お電話にてご予約いただけますと待ち時間なしでご利用いただけますよ♪

スタッフ一同お待ちしております!