コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

ディーラー、専門業者、ガソリンスタンド、ユーザー車検…車検の費用相場を徹底チェック!【法定費用編】

車を所有するなら、避けては通れない車検。安全に走行するために大切な検査ですが、新車購入から3年目、それ以降2年ごとにまとまった費用がかかるため、金額と品質のバランスをみていいサービスを選びたいものです。

車検の時期が近づいてくるたびに、「ディーラー、専門業者、ガソリンスタンド、ユーザー車検などいろいろあるけれど、それぞれいくらくらいかかるの?」「費用をもっと抑えられないだろうか」「安心してまかせられる車検サービスに変えたいんだけど…」などと、頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。この記事では、車検にかかる費用とその内訳、業者別の相場をご紹介します。

費用の内訳は、「法定費用」「車検基本料金」

車検にかかる費用の内訳は、大きく2種類に分けられます。「法定費用」と「車検基本料」。法定費用は「重量税や自賠責保険などの定額費用」、車検基本料金は「業者によって変わる点検・検査費用」となっています。今回は、法定費用について解説していきます。

どこに依頼しても変わらないのが法定費用

法定費用とは、車の区分に応じて決められている必須費用です。自動車重量税、自賠責保険料、印紙代の3つとなっており、車両区分に応じて金額は異なりますが、どこで車検を受けても同額となる固定費用です。

車の重量によって決められている自動車重量税

車検の有効期間に応じた年数分を、車検時に一括で納めます。車両重量0.5トンごとに税額が増加しますが、車種、年数、エコカー減税の有無、新車登録からの経過年数によって金額が変わります。

乗用車

車両重量
エコカー免税エコカー減税エコカー以外
右以外13年経過18年経過
~1トン免税10,000円16,400円22,800円25,200円
~1.5トン15,000円24,600円34,200円37,800円
~2トン20,000円32,800円45,600円50,400円
~2.5トン25,000円41,000円57,000円63,000円

軽自動車

2年自家用エコカーエコカー以外
エコカー免税エコカー減税右以外13年経過18年経過
0円5,000円6,600円8,200円8,800円

※2021年5月1日から2023年4月30日までにガソリン車・LPG車(ハイブリッド車を含む)など乗用車の継続検査、中古車の新規登録等を行う場合
※国土交通省ホームページより

加入が義務付けられている自賠責保険料

自賠責保険は、自動車事故の被害者救済を目的として対人のみ損害を補償するのが特徴です。車検に出す際に、次の車検満了時まで有効な自賠責保険に加入していないと車検に通りません。保険料は、車種によって変動します。自賠責保険の加入については車検業者が同時に行うので、個人で手続きを行う必要はありません。

主な車種・機関の保険料

 25ヶ月24ヶ月
自家用自動車20,610円20,010円
軽自動車20,310円19,730円

※※令和3年4月1日以降始期の契約で、離島以外の地域(沖縄県を除く)に適用する保険料(共済掛金)
※国土交通省ホームページより

印紙代は、車検に必要な書類に貼る検査手数料

車検における印紙代は、検査費用や車検証の発行手数料を支払うための印紙と証紙の費用です。金額は、車検を依頼する工場によって異なります。自社工場内での検査業務を許可されている指定工場なら、保安基準適合証を交付できるため、印紙代のみでOK。認定工場は、車検の検査業務が自社工場内でできないので運輸支局で検査を受ける必要があり、車種ごとに異なる証紙代がかかります。

コバック店はすべて指定工場、自社内で検査業務を行いますので証紙代はかかりません。申請もOSS申請で行っております。

工場の種類車種印紙代・証紙代
指定工場1,200円(OSS申請1,000円)
認定工場軽自動車1,400円
小型自動車
(4、5、6、7ナンバー)
1,700円
(印紙400円+証紙1,300円)
小型自動車以外の自動車
(3ナンバーなど)
1,800円
(印紙400円+証紙1,400円)

※OSS=ワンストップサービスを申請する事業者

コバックは費用の疑問・不安を解消し、よりよい車検サービスを提供

自動車重量税、自賠責保険料、印紙・証紙代を合計した法定費用のおおよその相場は、以下の通りです。
・軽自動車…約2万8,000円~
・小型自動車(~1,000kg)…約3万8,000円~
・中型自動車(~1,500kg)…約4万6,000円~
・大型自動車(~2,000kg)…約5万4,000円~
 ※新車登録から13年未満で、エコカー減税・免税の適応のない場合のおおよその金額です。

車検を請け負う業者はディーラー、専門業者、ガソリンスタンド、ユーザー車検など多様で、車検にかかる費用の総額はそれぞれ異なりますが、金額が定まっている法定費用は、どこに依頼しても変わりません。

とはいえ、何にどれだけ費用がかかっているのかを理解しておくことは大切です。滋賀県在住のお客様が多いコバック草津店・コバック守山店・コバック今津店では、車検にかかる費用の内訳を明瞭にしています。少しでも疑問や不安がある場合はご質問ください。ご納得・ご安心していただけるまで、丁寧にご説明いたします。

車検とは、2年に一度、安心・安全を確認する大事なチェックポイント。費用をはじめ気がかりなことがあれば、よりよい車検サービスの提供をめざすコバックがサポートいたします。

次回は、業者によって差が出る「車検基本料」について取り上げますので、ぜひ参考にしてください。