コバック草津店・守山店・今津店のスタッフと
「シャケンの品格」編集部より、
車検や整備、税金、保険など自動車関連のさまざまな情報をお届けします!

バブル期はハイソカーに熱狂したけど、今の車は?

こんにちは。今回はコバック守山店のスタッフよりお届けいたします。

1980年から1990年代のハイソカーブーム

1980年後半から1990年の自動車産業はバブル景気で豪華すぎる装備のハイソカーブーム到来でした。

ハイソカーとはHighSocietyCar(ハイソサエティーカー)の略です。直訳すると“上流階級や上流社会”です。つまり上流階級の車というわけです。

自動車が移動の道具からステータスの象徴へと変化した時代でした。

各社共開発費が潤沢にあり、これでもかと言わんばかりの贅沢装備の自動車を開発・販売していました。

「いつかはクラウン」のキャッチフレーズ

皆様の中にもこのトヨタのキャッチフレーズは強烈に印象に残っていると思います。年代にもよるかな?40代後半以降の方はご存じかと・・・

「クラウン」は社会で成功した人のみが乗ることができる高嶺の花でした。

各社ともに、この頃に名車が誕生しています。

トヨタはクラウンの一つ下に、クラウン並みの贅沢装備はそのままに2リッターエンジン5ナンバーサイズのボディーで維持費を低く抑えたマークⅡ3兄弟が爆発的にヒットしました。マークⅡ3兄弟とは、マークⅡ・クレスタ・チェイサーで、元々の車の骨格であるモノコックは共通でフロント、リヤのデザインを変えていろんな年齢層にアプローチをしていました。トヨタは昔から商売がうまかった印象です。ボディーカラーはスーパーホワイトがダントツで人気色でした。駐車場では自分の車がわからなくなるぐらい停まってました。

日産がマークⅡ3兄弟に対抗していたのはローレルでした。これもよく走っているのを見かけました。ローレルメダリストはマークⅡ3兄弟にはない豪華さと武骨さがありました。

マツダはルーチェで対抗していました。一部ではマツダの本拠地の広島とCピラーからトランクのラインが当時のベンツに似ていたことから「広島ベンツ」と揶揄されていましたが、他の車種にはない重厚感がありました。

ホンダのレジェンドもありましたがホンダはやはりスポーツカー路線が強く、2ドアと4ドアを併売していたので、他のメーカーの様なハイソカー路線とは一線を画していたように思います。

ハイソカーの内装は豪華そのもの

今では考えられない豪華なシート。高級クラブのソファーのようなモケット張りで色はマルーン(ワインレッドのような濃いエンジ色)、メーター周りはデジタルメーター(回転計はデジタルのバーが点灯していき、スピードもデジタル表示)平成生まれの方にうまく伝わるかな?

豪華すぎる装備の数々

  • 冷蔵庫(エアコン使用時のみエアコンの風を使用して冷やす装置で缶ジュース4本分ぐらいの大きさ)
  • カセットチェンジャー(まだ音楽をカセットテープで聞いていた時代なので、カセットの入れ替えの手間を省くために、コンソールBOXにカセットチェンジャー装備の車もありました)
  • 電子制御サスペンション(乗り心地を3段階ぐらい変更可能 ソフト・ミディアム・ハードと切り替えスイッチがありましたがほとんど使わない)
  • サンルーフ(ご存じ屋根が開きますが、天井高が数センチ低くなる構造だったので高身長の人がこのオプションをチョイスすると失敗します)
  • マルチビジョン(ナビゲーションが主流になる前は、テレビ画面に車の各種情報を表示する機能がありました)
  • ヘッドアップディスプレイ(スピードメーターがフロントガラス運転席の前の下の方に投影される装備がすでにありました)
  • 電動アンテナ(ラジオのアンテナがトランクの横から電動で伸び縮みする機能がありました。アンテナ伸ばして高速道路を走ると風圧でカーブを描いて戻らなくなっている車がいっぱいありました)

今の車は環境対応、安全対策の自動ブレーキは運転支援装置等の開発で、バブル期の自動車では考えられないところにコストがかかってますね。なのでどんどん車両価格が跳ね上がっていくので、本当の意味で高級車は一般サラリーマンには高値の花となってしまったと思います。

車がタ・カ・ス・ギ・ル  高すぎる!!!

今の車の安全性は確かに高くなっていて、交通死亡事故も1990年のバブル経済終了時点からでも3分の1に減っています。なので政府や自動車メーカーの方向性は合っているのかな!

何十年も自動車整備業界にいると、故障個所の移り変わりもすごく気になります。昔の車はこんなところ故障しなかったのに、今の車はよく故障するとか、昔の車はよく故障した箇所が全く故障しなくなったりと、まぁいろいろありますよ。なかなか言えないですけどね(-_-メ)

よくある質問で、どこの車が壊れないですか?

どこのメーカーにも一長一短があるのは事実ですし、特にこの車は特定の場所が壊れるということがあるのも事実です。

私たちは、いろんなメーカーのいろんな車種、年式の自動車を車検・整備しています。それに何より、整備士が経験豊富なオッサンばかり(-_-;)ですので、最適なアドバイスができると思いますよ。

是非一度、コバック草津店・守山店・今津店で車検してみてください。

心よりお待ちしております。